【S.H.Figuarts(真骨彫製法)】「暗黒騎士キバ」レビューANKOKUKISHI KIBA 22



【S.H.Figuarts(真骨彫製法)】「暗黒騎士キバ」のレビューです。

 発売日:2020年4月発売
  価格:9,990円(税10%込)
販売方法:魂ウェブ商店受注販売

「牙狼<GARO>」シリーズから、暗黒騎士キバがS.H.Figuarts(真骨彫製法)シリーズに登場!
牙狼<GARO>シリーズ第四弾商品です。
デカいです!

早速、パッケージのレビューから。
ANKOKUKISHI KIBA 01
正面から

ANKOKUKISHI KIBA 02
背面から

ANKOKUKISHI KIBA 03
輸送箱(正面)

ANKOKUKISHI KIBA 04
輸送箱(背面)

中身のレビューです。
ANKOKUKISHI KIBA 05
ブリスター①

ANKOKUKISHI KIBA 06
ブリスター②

仁王立ちで
ANKOKUKISHI KIBA 07
正面から

ANKOKUKISHI KIBA 08
背面から

ANKOKUKISHI KIBA 09
右方向から

ANKOKUKISHI KIBA 10
左方向から

ANKOKUKISHI KIBA 11
上半身
ガロやゼロに比べ、スーツ感ではなく生物感が増しました。
獣が威嚇している時の様なシワも微妙に左右非対称になっています。
塗り分けも良好!

ANKOKUKISHI KIBA 12
腰周り
それにしてもゴツいです。
足の付け根は可動域を高める為に引き出し式になっています。

ANKOKUKISHI KIBA 13
背中
マントは着脱可能です。
外すと取り付けの穴が目立ちますが、背中の普段見えない部分も一切妥協なしに造形されています。

ANKOKUKISHI KIBA 14
マント
取り付けが2ヶ所の突起だけですので、すぐ外れてしまうのがストレスでした。
ポーズを決めてから、最後に取り付ける感じです。

ANKOKUKISHI KIBA 15
マントは軟質素材の為、長時間接地しているとベタつきや色移りしそうです。
なので、開封したばかりの状態はきちんと画像の白いビニールで直接触れない配慮がされておりました。
収納時も必要なので捨てないようにしなければ!

適当に、色々なポージング
ANKOKUKISHI KIBA 16

ANKOKUKISHI KIBA 17

ANKOKUKISHI KIBA 18
黒炎剣を手に
黒炎剣の浮かび上がった模様の造形も素晴らしいです。

ANKOKUKISHI KIBA 19

ANKOKUKISHI KIBA 20

ANKOKUKISHI KIBA 21

ANKOKUKISHI KIBA 22
暗黒斬に持ち替え

ANKOKUKISHI KIBA 23
個人的に暗黒斬の鎖部分がツボです。

ANKOKUKISHI KIBA 24

ANKOKUKISHI KIBA 25
暗黒斬にフォーカス
造形もかなりしっかりしています!

黄金騎士ガロ(冴島鋼牙)」と対決するショットで。
ANKOKUKISHI KIBA 26

ANKOKUKISHI KIBA 27

ANKOKUKISHI KIBA 28

今回レビューでは「黄金騎士ガロ(冴島鋼牙)」を登場させたので、最後にパッケージを並べて。
ANKOKUKISHI KIBA 29
箱からして、ガロと比べてもかなり大きいのがわかりますね^^


黄金騎士ガロ(冴島雷牙)」のレビューでも価格に触れましたが、今回もっと販売スタッフの意地を感じましたね(笑)
これだけガロ(冴島鋼牙&冴島雷牙)やゼロに比べ、大型化・重量化しても増税されていても税込価格は牙狼<GARO>シリーズ一律9990円!!

それにしても、ツノやらツメやら尖ってる部分多すぎ!!
写真撮影時、流血こそしなかったものの、手首パーツを数回交換しただけで指先がボッコボコに・・・
しばらく痛かったです。。

全体的な造形がゴテゴテの割には可動も申し分ないです。
キャラが微妙かな~と思いましたが、買って満足!の一品です。
ただ、単品で飾るとウル〇ラマンシリーズの怪獣かと勘違いされます。(割と特撮に詳しい息子にも言われたので)

以上、「暗黒騎士キバ」のレビューでした。

※申し訳ございませんが、画像の無断転載はご遠慮ください。

ご閲覧、ありがとうございました。